So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイドロキノンの副作用 白斑にならないための注意点はこの2つ! [ハイドロキノンの副作用]

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えることで美白効果が得られますが
その効果が高い代わりに副作用も出る可能性が高い薬です。



副作用についてはいくつか種類がありますが意外と知られていない副作用として
白斑があります。



白斑とは肌の一部分だけが白く脱色したようになってしまい
白い斑点のように見えてしまうことです。



ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われているほど効果が高いため
誤った塗り方や使い方をすると白斑になってしまうことがあります。



副作用と言うよりは漂白効果が異常に出てしまった結果と言う方が分かりやすいかもしれませんね。
一度白斑になってしまうと中々治りません。


そうなる前にちゃんとした使い方を知り予防しながらハイドロキノンを使うことが大切です。


白斑にならないための2つの注意点



① 低濃度ハイドロキノンを使うように!

基本的にハイドロキノンの濃度が高いほど美白効果が高まりますが
それに比例して副作用のリスクも増えていきます。

特に医療機関で処方されるハイドロキノンは濃度が4~5%のものが多く
この濃度になると副作用のリスクがかなり高まります。

4%を超えない濃度では副作用の発生率が低いという調査結果もあるので
まずは低濃度のハイドキノンから使っていくことをお勧めします。

今は低濃度でも十分な効果が得られるよう改良されたハイドロキノンもあるので
そういったものを使用されると良いですよ。



② パッチテストを必ず行いましょう!

いくら低濃度のハイドロキノンであっても肌に合っていなければ副作用が出ることがあります。
肌が拒絶反応を起こして出た副作用は治りにくいことも多いので特に注意が必要です。

まずはパッチテストを行って自分の肌がハイドロキノンに合っているのかを確認しましょう。
パッチテストで特に問題が出なければ副作用のリスクも低くなります。

早く治療したい一心でいきなり顔のシミに塗る人も多いですが
白斑になってからでは遅いのでしっかりと行ってください。



以上の2点に注意して使用していけばハイドロキノンを上手に使っていけるかと思います。
肌への負担が大きい成分ですから落ち着いて使うことが肝心です。


ただそれでも副作用が出てしまうこともあります。
異変を感じたときはできるだけ早く医師に相談してください。



消えずに残ってしまった赤みを1ヶ月で消した
拡張した血管を収縮させて赤みを治す方法とは?
≫≫詳しくはこちらをクリック≪≪




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0