So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイドロキノンでシミが濃くなることがあるのか? [ハイドロキノンの副作用]

ハイドロキノンを使ってシミが濃くなるという話がありますが
ホントにシミが濃くなることなんてあるんでしょうか?



シミを消したくてハイドロキノンを使っているのに
それが逆にシミを濃くしてしまうなんて。。



今からハイドロキノンを使おうと思っている人にとっても
シミが濃くなるのかどうかはかなり重要な問題です。



シミが濃くなる原因はハイドロキノンにあった!




ハイドロキノンの副作用の1つに炎症による赤みがあります。
その赤みとシミが重なることでシミの色が濃くなってしまうんです。
分かりやすく絵の具で例えてみましょう。

赤色(炎症による赤み)+茶色(シミ)=濃い茶色(濃くなったシミ)
これがハイドロキノンでシミが濃くなる仕組みです。



赤みが出る主な原因は毛細血管が刺激を受けて拡張してしまうことにあるんですが、この刺激が強すぎると血管が異常に拡張、元に戻り切れなくなることがあります。


赤みの出ている状態が慢性化するのでシミが濃くなったままになるんです。



と言うことは、慢性化した赤みを治せば濃くなったシミを治せるということでもあります。
そしてこの赤みを治すには拡張した血管を元に戻してあげればいいんです。


拡張した血管を元に戻す方法はこちらで紹介しています↓↓


消えずに残ってしまった赤みを1ヶ月で消した
拡張した血管を収縮させて赤みを治す方法とは?
≫≫詳しくはこちらをクリック≪≪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0