So-net無料ブログ作成

トレチノインの副作用 [トレチノインとの併用]

トレチノインの副作用について。

トレチノインは肌のターンオーバーを促進させる効果がありますが
その分副作用も強い成分です。
どんな副作用があるかしっかり理解して使用して下さい。


トレチノインの副作用



乾燥

トレチノインは肌のターンオーバーを促進させる効果があるため古い角質がどんどん剥がれていきます。
それによって肌をキレイにしていくわけですが角質が剥がれることで保湿力が低下してしまうんです。
新しい角質がしっかりするまでの間は乾燥しやすいので粉を吹いたりする場合もあります。


炎症による赤み

ハイドロキノンと同じくトレチノインも非常に刺激が強い薬です。
使用するとほぼ確実に炎症を起こし赤みができます。


赤みは肌が刺激を受け血管が拡張することで起こります。


拡張した血管が徐々に収縮していくことで赤みも引いていくんですが・・
肌が刺激に耐えられなかったりすると拡張状態が慢性化し赤みが消えなくなることがあります。




以上点がトレチノインの副作用です。
乾燥に関しては保湿をしっかり行うことで対策できるのでそこまで気にしなくてもいいんですが、、
炎症による赤みには注意が必要です。



トレチノインを使えばまず間違いなく炎症は起きます。
その時、何もせず自然に治るのを待っているだけだと・・
赤みが残ってしまい赤ら顔になってしまう危険性があります。



赤みが残らないように予防したい

赤ら顔になってしまった肌を治したい

と思うならこちらの記事で紹介している方法を試してみて下さい。
拡張状態が慢性化した血管でさえも収縮させ赤みを消した方法です。


消えずに残ってしまった赤みを1ヶ月で消した
拡張した血管を収縮させて赤みを治す方法とは?
≫≫詳しくはこちらをクリック≪≪




【関連記事】
トレチノインって?効果の仕組み
トレチノイン 3つの注意点

ハイドロキノンについて
ハイドロキノンって?効果の仕組み
ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノン 3つの注意点
ハイドロキノンの市販薬は大丈夫?
ハイドロキノン効果が出る時期は?
ハイドロキノンは肝斑にも効くの?
ハイドロキノンは茶クマにも効くの?

併用するとき
全身に使えるのか?
市販購入はよく考えて!
使用期間は?
色素沈着したら・・
混ぜて良いの?
赤みができちゃった・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。