So-net無料ブログ作成

ハイドロキノンとトレチノインは全身に使えるのか? [トレチノインとの併用]

ハイドロキノンとトレチノインは顔以外の全身にも使えるのか?
シミ治療や美白への効果が高いことで注目されていますが
それって全身にも使えるんでしょうか?


顔だけでなく全身を美白したいって思っている人も多いでしょうし気になりますよね(^^)/
私も全身美白に使うことまでは考えたことなかったんですが・・
気になったので使えるのかどうか調べてみました。


ハイドロキノンとトレチノインは全身にも使える!



結論から言うとハイドロキノンとトレチノインは全身にも使えるそうです。
使い方も顔に塗るときと同様の手順で使うそうです。


ただ・・・


副作用も同じように出てきます!
つまり顔に塗ったときの赤みや皮剥け、痒みや痛みなどが全身単位で襲ってきます。



顔に比べて皮膚の厚い部分も多いので多少はマシなんでしょうけど
やはり副作用からは逃げられないようですね。



しかも全身に塗るとなるとそれなりに量も必要になるので
どうしても多めに塗ってしまうミスが多発しているようです。
いくら顔に比べて皮膚が厚いといっても多く塗ってしまうと副作用もひどくなります。



塗る面積が広い分、余計に量の調整が難しくなるので
顔だけで使うよりも難易度は高くなります。



顔に塗っただけでも副作用に四苦八苦するくらいですから
それが全身ともなると耐えがたいモノがありそうです。
まずは顔のシミ治療から初めて徐々に腕や足などへ広げていく方が良いかと思います。



全身に塗っても良いとは言えデリケートゾーンなど皮膚が弱い部分は塗らないように!
あと、下着や衣類が絶えず擦れる部分も炎症を起こしやすいので塗らない方が良いです。
炎症を起こした部分は色素沈着する可能性が高くなります。



全身に塗るという使い方をしている人は少ないですしその分情報も少ないです。
できるだけ医師に相談しながら行ってください。
全身美白なら美容外科などの方が詳しいことが聞けそうかなと思います。



病院処方や市販品よりも早く確実に色素沈着とシミを治せた
副作用が全く出ないのに効果が高いハイドロキノンとは?
≫≫詳しくはこちらをクリック≪≪





【関連記事】
市販購入はよく考えて!
使用期間は?
色素沈着したら・・
混ぜて良いの?
赤みができちゃった・・

トレチノインについてちゃんと理解してから使いましょう
トレチノインって?効果の仕組み
トレチノインの副作用
トレチノイン 3つの注意点

ハイドロキノンについてちゃんと理解できていますか?
ハイドロキノンって?効果の仕組み
ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノン 3つの注意点
ハイドロキノンの市販薬は大丈夫?
ハイドロキノン効果が出る時期は?
ハイドロキノンは肝斑にも効くの?
ハイドロキノンは茶クマにも効くの?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。