So-net無料ブログ作成

ハイドロキノンとトレチノインで色素沈着は治せるのか? [トレチノインとの併用]

ハイドロキノンやトレチノインは色素沈着にも有効なの?

そんな疑問を持っている方も多いと思います。


シミ治療と違って色素沈着の治療方法って中々情報がありませんよね・・
しかも色素沈着の原因はシミと違い人それぞれです。


そんな様々な理由によって出来た色素沈着を消すにはどうしたらいいのか?
ハイドロキノンやトレチノイン以外に何か必要なのか?


今回はそんな疑問を解消していきます。



ハイドロキノンやトレチノインは色素沈着にも有効!




色素沈着は

ニキビ跡の赤み

何かしらの薬を使った際の炎症やただれ

けがの痕

などにメラニンが反応することで起こります。
シミと違って様々な原因があるんです。



しかし・・



メラニンが反応して沈着するという点についてはシミと同じ。
なのでハイドロキノンやトレチノインで治療することができるんです



ただ・・病院などで処方されたハイドロキノンなどを使うのはおススメできません。



色素沈着やシミが濃くなったり・・肌が余計に汚くなる可能性大!




確かにハイドロキノンやトレチノインで色素沈着を治すことは出来ます。
しかし病院処方のものを使うのはお勧めできません。


なぜなら、、
病院で処方されるような普通のハイドロキノンには3つの重大な欠陥があるからです。それは、、

① 肌に浸透しづらくメラニンまで届かない

② 高濃度になるほど刺激が強く副作用が酷くなる

③ 酸化しやすく効果が不安定

というものです。
だからいざ塗ったとしても

副作用ばかり出て肝心の色素沈着は消えない

なんて状態がかなりの確率で起こります。



しかも高濃度のものを使って起きた炎症による赤みなどの副作用は治りも悪く、そのまま残ってしまうなんてことも多々あります。
副作用による炎症などが残るとそれが新たな色素沈着になってしまい結果的に

肌が余計に汚くなっただけ

という最悪な状態になります。



せっかく色素沈着を消してキレイな肌になろうとしたのに逆に肌を余計に汚くしてしまった


なんて状態を絶対に避けるためにも刺激が少なく副作用の出ない、肌の奥まで確実に届くハイドロキノンを使いましょう。


病院処方や市販品よりも早く確実に色素沈着とシミを治せた
副作用が全く出ないのに効果が高いハイドロキノンとは?
≫≫詳しくはこちらをクリック≪≪





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。