So-net無料ブログ作成

ハイドロキノンとトレチノインの塗り方 混ぜて良いの? [トレチノインとの併用]

ハイドロキノンとトレチノインの正しい塗り方、知ってますか?
初めて処方された方は別々で塗るのか?混ぜて塗るのか?
といったところから疑問に思うでしょう。


間違った塗り方をすると赤みや炎症が治らないなどのトラブルが起こりますから
しっかりと使い方を覚えておきましょう。


ハイドロキノンとトレチノインの塗り方・手順



① 洗顔後、化粧水をつける(ビタミンC誘導体入りのものが良い

② 化粧水が乾いたらトレチノインをシミ部分からはみ出ないように塗る
  (綿棒などで薄く塗り広げるとやりやすいです)

③ ハイドロキノンをシミ部分より広く塗る(顔全体でもOK)
  *口や目元などは避けて下さい!

④ 乾いたら日焼け止めを塗りましょう。


この手順で朝・夕の2回行います。1ヶ月ほどは続けましょう。
2.3日くらいすると皮膚が剥けたり赤みが出たりしてくると思いますが
それはトレチノインの好転反応なので一時的なモノです。



とは言っても人によってはその副作用がひどい場合もあります。
私は赤みはそれほどでしたが皮膚が剥けて日焼け後のボロボロ状態みたいになりました。。
どうしても辛い時はトレチノインの使用を1日1回に減らしてください。
それでもダメなら一旦使用を中止して医師に相談しましょう。



ハイドロキノンとトレチノインは混ぜて良いのか?



面倒だから混ぜて塗っても良いかな・・?
なんて思われるかもしれませんが!!



混ぜて使うのはダメですよ!!
ちゃんと分けて塗って下さい。



ハイドロキノンとトレチノインは効果が異なる薬です。
簡単に言うと

ハイドロキノン・・シミの元に働きかけ新たなシミの生成を防ぐ
トレチノイン・・肌のターンオーバーを促進させ今あるシミを排出させる

という効果を持っています。
ハイドロキノンは肌への浸透性が悪いので単体では中々幹部の奥まで届きません。
トレチノインを先に塗ることで肌のターンオーバーが促進されるのでハイドロキノンが浸透しやすくなります。



ですので
トレチノイン⇒ハイドロキノン
という順番で使用するのが一番効率の良い塗り方なんです。



混ぜて塗ってもお互いの効果を阻害してしまったり最悪変な副作用を起こす場合も考えられますから
混ぜて塗ってはいけませんよ。
正しい塗り方で上手にシミとそばかすを消していきましょう!


また、どちらの薬も副作用によって赤みが出ます。
基本的には自然に引くんですが・・治らずそのまま赤ら顔になってしまうことがあります。


そうならないよう予防するためにもこちらの方法を並行して取り入れて下さい↓↓



消えずに残ってしまった赤みを1ヶ月で消した
拡張した血管を収縮させて赤みを治す方法とは?
≫≫詳しくはこちらをクリック≪≪





【関連記事】
全身に使えるのか?
市販購入はよく考えて!
使用期間は?
色素沈着したら・・
赤みができちゃった・・

トレチノインについてちゃんと理解してから使いましょう
トレチノインって?効果の仕組み
トレチノインの副作用
トレチノイン 3つの注意点

ハイドロキノンについてちゃんと理解できていますか?
ハイドロキノンって?効果の仕組み
ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノン 3つの注意点
ハイドロキノンの市販薬は大丈夫?
ハイドロキノン効果が出る時期は?
ハイドロキノンは肝斑にも効くの?
ハイドロキノンは茶クマにも効くの?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。